« うまくできるかなぁ~ | トップページ | 昨日の続き »

ふぅぅぅぅ~

今日は結構忙しかったです。。。重病の子もいて。。。
その中にフィラリア症の子もいました。

そろそろ時期なので、フィラリアについて話をしようと思います。
これは予防が一番なので、まず予防の事から。予防はしててもあまり詳しくは知らないと言われる方が多いので、よっしー自身が飼い主さん向けにパンフのようなものを作りました。それを載せますね。

★フィラリア症って?
 これはまた次回詳しく書きたいと思います。
★予防薬って?
 皮下や筋肉で発育途中の子虫を殺します。
蚊が出たらすぐに飲ませるの?
 いいえ。犬の体内にいるだけでは子虫は成虫にはなりません。子虫のいる犬を蚊が刺した時、一度蚊の体内に子虫が入り、2週間程で成長し、感染子虫となります。その感染子虫を持った蚊に再び刺される事によって感染子虫が犬の体内に入り、感染します。この感染子虫は脱皮を繰り返しながら半年で成虫になります。フィラリアの予防薬は犬の体内で30~60日くらい成長した時点で薬の効果を発揮します。
その為、予防薬は蚊の発生1ヶ月後~終息一ヶ月後となります
うちは蚊が早くからいる(遅くまでいる)のだけど・・・
 蚊の体内にいる子虫は一日の平均気温が15℃以上にならないと感染子虫にはならないので、早くから飲ませる(遅くまで飲ませる)必要はありません。
妊娠していますが・・・
 これは飲ませる薬の種類によって異なるのでかかりつけの獣医さんで聞いて見て下さい。うちの病院と同じ「モキシデック」なら大丈夫です。
★大きい薬を2頭で半分ずつ飲ませていいですか?
 これも薬の種類によって異なりますが、基本的には切れ目の入っていない薬は、1錠中に均等に成分は入っているわけではないので、体重にあった量を飲ませてあげて下さい。
★外には出ないのですが・・・
 人間と同じで、室内にいても蚊に刺される事はあります。室内犬の約8%の犬が感染するといわれてますので予防をしてあげて下さい。

猫の場合、犬程ではなく、ほんの数例ですが、感染した例はあります。猫ちゃん用の予防薬もありますので、できれば予防してあげて下さい。

地域によっても違いますが、だいたい5~11月くらいまでですかね。最後のほうは蚊がいないので忘れがちになってしまいますが、最後までしっかり飲ませてあげて下さいね。

本日もご覧頂き、ありがとうございました(^^)/

|

« うまくできるかなぁ~ | トップページ | 昨日の続き »

犬の病気」カテゴリの記事

猫の病気」カテゴリの記事

コメント

フェラリア、やっぱり猫もかかるんですか。
フロントラインにフェラリア予防も出来るのがあるって噂を聞いて「猫にフェラリア~?聞いたこと無いな」って思ってました。実家にいた猫はやぶ蚊の群れの中で生活してたようなものだったけどかからなかったのはラッキーだったのかな?

投稿: セギノ-ル | 2006年4月 4日 (火) 00時27分

そろそろフィラリアが心配な時期ですね。
詳しい説明、ありがとうです~♪
ミミタンは前に飲んでいたジャーキーみたいなのは
喜んで食べていましたぁ~♪
昨年から錠剤になりました。。。

投稿: NON | 2006年4月 4日 (火) 10時51分

あぁ~これからの季節が恐ろしいです。。
フィラリアの説明、1日に何度もしていううちに、口が回らなくなってきます・笑
気合いれていかねば!

投稿: ゆずママ | 2006年4月 4日 (火) 19時52分

私がお嫁に来たばかりの初々しい?頃
我が家で飼っていたー坊がフィラリア症になってしまいました
24年も前の話です
その頃私もわんこの事はまだ良く知らないし
我が家も室内犬にもかかわらず勝手口につないで
自由に出入させていたので・・・当たり前蚊に刺さり放題!
手術をしましたがすぐに亡くなってしまいました
後でよそで聞いた話だと。。
一度血管に入ってしまった虫で血の流れが悪くなるのに手術で取り除くことによって急に流れがよくなるので体に負担がかかり死んでしまう
これは本当なのですか?
最近近所の柴くんが手術をして元気になり飼い主をも噛むほどの元気が復活したそうです
長くなっちゃいましたが。。
うちのたー坊は死ぬ直前普段は上がった事のない階段を駆け上がりパパの前で息絶えたのです(T_T)/~~~

投稿: 桃ママ | 2006年4月 4日 (火) 21時21分

今晩~o----oU・ェ・U。・*【こんばんゎん】*・。U・ェ・Uo----o~
遅くなりましたが動画・・見ましたよ!
上手くいけてますやん!!
フィラリア・・恐いですよね!
そっかぁ・・家の中だったら安心かと思いましたが
違うのですネッ!
リリタンも気を付けなきゃ・・

投稿: ○○動物病院のアイドル・・キム(思い込み) | 2006年4月 4日 (火) 21時37分

コメントありがとうございます。
猫ちゃんはごく稀なんです。感染するのは。。。明日、ちょっと詳しく書こうと思います。
確かに、ありますよ。うちの病院でも、来年あたりから使っっていく予定です。
できれば予防してあげてくださいね(-^〇^-)

投稿: よっしー→せぎのーるさん | 2006年4月 4日 (火) 23時15分

コメントありがとうございまぁす。
そろそろですね。。。北海道では飲ませる期間は多少短いですよね?
肉のようなものは、あまりみかけなくなりましたねぇ。なぜでしょう?うちの病院は少しでも仕入れを安くする為、錠剤にしました。仕入れが安い→飼い主さんにも安く提供できる→多くの飼い主さんが予防してくれるようになる という理由です。高いとちょっと考えてしまう方もおられるので。。。正直なところ。。。

投稿: よっしー→NONさん | 2006年4月 4日 (火) 23時20分

わかりますぅ(≧∇≦)
同じ方に同じ事言ったり。。。繰り返して言ううちに、どなたに言ったかわかんなくなってしますんです(;>_<;) エーン
頑張りましょうね(^^)/

投稿: よっしー→ゆずママさん | 2006年4月 4日 (火) 23時22分

コメントありがとうございます(^^)
手術は大変危険なんです。一番危険な手術と言っても過言ではないと思います。その為、亡くなる可能性がかなり高いんです。残念な事なんですが。。。(/_;。) ウッウッウッ
寄生している成虫が多い程危険になってしまいます。。。心臓に対する負担のかかり具合によっても違いますので、一概には言えませんが、桃ママさんのお話は間違ってはないと思います。

投稿: よっしー桃ママさん | 2006年4月 4日 (火) 23時32分

ふぢ~、うちの病院、背の高いアイドルいたっけ??
リリちゃんは予防してるぢゃないですか~。
動画、うまくできてます?ママさんのお・か・げ(^^)

投稿: よっしー→キムさん | 2006年4月 4日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58668/1269247

この記事へのトラックバック一覧です: ふぅぅぅぅ~:

« うまくできるかなぁ~ | トップページ | 昨日の続き »