ペット

残念ながら(T-T)

昨日、お話したワンちゃん、1頭亡くなりました。
もう、苦しまなくていいからね。思いっきり走ったりできるよ♪お空ではいっぱい、いーっぱい遊んでね(ノ*゜▽゜*)

ご冥福をお祈りします。

昨日のお話で、コメント下さった方々、ありがとうございます。
みなさん、「昔は知らなかった」と言われてる方が多かったようですね。私もその一人です。以前写真を載せたあっくん(あすか)も感染しています。拾ってすぐに動物病院に連れて行き、狂犬病はしたのですが、ワクチンもしてませんでした
あすかを飼育し始めて3,4年目にワクチンとフィラリアの予防薬があるのを知り、それから毎年しています。

私は最初に動物病院に行った時、私(その時は子供でした)のいう事だけ(狂犬病の注射)をした獣医師にも疑問を感じ、それからその病院には行ってません。
今、そのせいおかげで、飼い主さんには必要以上に説明するコウルサイ看護師です" "(((/*^^*)/

これからワンちゃん、猫ちゃんを飼うという方がおられましたら、御願いがあります。まず飼う前に少し勉強して下さい。飼育方法必要な予防自分にあった犬種猫種を選ぶようにして下さい。

時々、種類の特徴を無視している飼い主さんもおられます。たとえば。。。ビーグルとかは、もともと吠えるのが仕事の犬。その犬に「るさい」とか。シェルティ走るのが仕事。なのに「全く運動させていない」とか。。。ハスキーなどは寒さに強く暑さに弱い犬。なのに夏に影もなく、風通しの悪い所で飼っているとか。。。

かわいい」とか「好み」だけじゃあ、選ばないようにして下さいね。

ちょっと説教じみてますが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました(-^〇^-)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

こんばんは~(^^)

今日はピーちゃんの三女ちゃんが、病院にやって来ました。狼爪を切りに。。。(詳しく言うとちょっと気分が悪くなる方がおられるかもしれないので止めときます)

通常、断尾(しっぽを切ります)や断肢(狼爪を切ります)は生後1週くらいにします。大きくなると出血も多く、麻酔をかけないとできなくなるからです。

この仔の場合、姉が連れて来れなかったのもあり、こんなに遅くなってしまいました(T-T) グスッ

うちの病院では耳は切りません。院長曰く「センスがないから」と。形良く切れないそうです。あと、耳を切ると、切ったあとが大変なんです。なかなか血が止まらなかったり、大きくなっても耳の淵が皮膚病のようになったり。。。なのでやらないそうです。

尻尾や耳を切る犬種はヨークシャテリアコーギーシュナウザーニチュアピンシャープードル・・・色々いますが、そもそもなぜ切るんでしょうかね~。最近では切らなくなった犬種もいるようなんですが。。。
狼爪がある子は、爪が伸びて、パッドに突き刺さる事がありますのでコマメに爪きりをしてあげて下さいね♪色々なとこによく引っかかることもあるので。。。

個人的には尻尾をブンブン振ってるのが好きなので、尻尾は有ったほうがいいかなぁと思います。でも、小さい尻尾をお尻ごと振ってるのも可愛んですよねぇ~。(結局みんな可愛いって事ですね(*..) ポッ

それでは、今日はこのあたりで。。。

本日もご覧頂き、ありがとうございました(-^〇^-)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

どうなるんでしょう。。。

昨日新聞で見た記事なんですけど、九州の方で「犬が人を襲う」という事件があったようです。

飼い主さんが亡くなって里子にでた土佐犬がいました。その里親さんのとこではに入っていたようなんですが、その檻を壊して脱走したようです。その時、たまたま通りかかった70歳代の女性に襲いかかったようです。

その女性は残念ながら亡くなったと。。。

なんとも痛ましい事件です。女性の遺族の方はやりきれないような気持ちなんですよね。でも正直言って犬の方も気になります。やはり「安楽死」をされてしまうのでしょうか?
その後の犬の事は書いてなかったのですが。。。

きっとその土佐犬は飼い主さんを探しに行ったのでしょう。(勝手な憶測ですが)でももう「人を襲った犬」としてみられてしまうんですよね。。。悲しい事件です(T_T) ウルウル

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ペットショップ

職場の近所に、何軒かペットショップがあります。その中の一つにお店自体はそれ程大きくはない所があります。以前から存在は知っていたのですが、実際に行った事はなく、どんなお店なのかは知りませんでした。つい最近、職場の方にどんなお店か教えてもらいました。

そのお店はなぜ小さいかというと。。。「動物がいない」のです。
理由は「衝動買いを防ぐ為」でした。

写真は何点か貼ってあり、希望の犬種を伝えると、成犬時の写真を見せてくれたり、犬種の特徴などを教えてくれるそうです。

特に目当ての犬種がいない場合は好みとか、その人の環境等を考えて、お勧めの犬種を教えてくれるそうです。

今時珍しいと思いました。もちろん、きちんとされてるショップは他にもたくさんあると思いますが、病院の近所ではとても珍しいのです。
犬を飼った事のない方に難しい犬種を売ったり、間違った知識を教えたり・・・というショップもあるので。。。

こんなショップがもっと増えたらいいのに!!!

目当ての子がいない場合は見つかるまで探してくれます。その間は寂しいですが。。。でもその分、出会った時の喜びは大きいかもしれないですね(^^)

今日もご覧頂き、ありがとうございました(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ペットの保険

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございま~す
"(*^^)/。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆アリガトー!

昨日、気になる記事を見つけました。ネットで。
ペット保険は年3万円で十分」というタイトルです。
近年、ペットの保険会社も増えましたが、保険料も保障も様々です。
ペットフード会社の話によると月2000~3000円程度の標準タイプで十分だそうです。保険対象外の項目もある為、最低保障でという事なんですが。。。

高額保険を勧めない理由を見て驚きました。高額保険ほど高額保障になります。なので、飼い主さんが直接動物病院に払う金額は少なくなります。払う金額が少ないと、飼い主さんはより良い治療を求めるのですが、その時、わざと高額の治療、検査をし、保険会社からお金を貰う獣医師がいる。。。という事でした。
同じ動物の医療現場で働く者として、腹立たしい事です。(*'へ'*) ぷんぷん
高額のものを使うと、治療が過剰となるおそれがあり、ペット達にも負担がかかるかもしれないので、お勧めはしないと書かれてました。ホントにそうですね。

ペットがもしも問題を起こし、飼い主さんに賠償責任が生じた場合保障特約もあるそうなんですが、入る必要はないとの事。その特約より、大手損保の「個人賠償保険」に加入した方が、低額の保険高額の保障が得られるそうです。

うちの病院は保険加入病院ではありませんので、詳しいことはわかりませんが、うちの院長は特に入る考えはないようです。
いつも仔犬、仔猫が来院した時に、「月3000円くらい、この子のためにタンス貯金でもしてみたら?」とよく院長は言ってます。
そうすれば将来的に必要な時にすぐ使えるからと。実際、「お金がないので。。。」という理由で治療をあきらめてしまう飼い主さんがいます。そんな時は悲しくなってしまいます。飼い主さんが治療を望まない限り、たとえ治る病気でも、私達は何もしてあげられません。見ててとても辛いです。。。

みなさんも、いざという時のためにタンス貯金されてみてはいかがですか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

もうすぐ春ですね~(^^)

本日もブログをご覧頂き、あろがとうございます(≧∇≦)/
10年目に入り、あたたかい言葉をコメントしてくださった方々も、ありがとうございます。

ちょっとブログの雰囲気をまた変えてみました(*'‐'*)
右上のワンちゃん、カーソルを合わせたり、クリックすると。。。
さて、何がおきるでしょう?????
やってみてくださいね!!

さて、今日はちょっと病気のお話ではなく。。。年齢表をのせたいと思います。人間の年齢に換算したものです。

みなさんのおぼっちゃま、おじょうちゃまはいくつなんでしょう??

これはうちの病院が飼い主さんに渡してるものなんですが、資料によって、多少ズレはあるみたいです。

誕生後年数  小型犬 中型犬 大型犬
  1年   15歳 15歳  20歳 12歳
  2年   24歳 24歳  24歳 19歳
  3年   28歳 28歳  28歳 26歳
  5年   36歳 36歳  36歳 40歳
  7年   44歳 44歳  44歳 54歳
 10年   56歳 56歳  58歳 75歳
 12年   64歳 64歳  66歳 89歳
 15年   76歳 76歳  78歳110歳

15年以上はわかりません。。。ごめんなさい(/_;。) ウッウッウッ

それでは今日は短いですが。。。

また次回、お会いしましょう(^^)

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)