予防関連

暑い~

今日は蒸し暑かったぁ(;>_<;)

院内はめちゃ冷房きいているので外に出ると気温の差に参ってしまいます(/_;。)

今日は、「ノミ」を引き連れた患畜さんが多くて。。。私まで痒くなってしまいました。

色々な方のブログを拝見させて頂くと、「フロントライン」を使われているかたが多い気がするのですが。。。
うちの病院でも扱っているので、少し詳しく説明します。

よくある質問と回答を自分なりにまとめてみました。

種類は?
フロントラインには、スプレー(以下ス)スポット(以下ポ)・プラススポット(以下プ)の3種類があります。

いつから使えるの?
:生後2日の犬・猫に使用できます。スポットに比べ、手間はかかりますが、即効性があります。
:犬・猫に分かれており、犬は生後10週、猫では12週から使用できます。
:犬・猫生後8週からです。

シャンプーした後でもいいの?
:投与日の前後2日間はシャンプーは出来ません。例えば、水曜日に投与するなら月曜日~金曜日までになります。
:シャンプー後すぐに使えますが、投与後24時間はシャンプーできません。

何に効果があるの?
:ノミの成虫及びマダニの駆除
:ノミの卵から成虫まですべて及びマダニの駆除

どれくらい効果は続くの?
:ノミには犬で約2ヶ月、猫で約1ヶ月、マダニには犬・猫約1ヶ月の効果があります。
:ス&ポの約1.5倍の期間

シャンプーは投与前後だけ止めればいいの?
すべて:月に2回以上のシャンプーをしているなら持続期間は少し短くなります。

投与してもノミが付いていた!!
すべて:効果を発揮するまでに、多少時間はかかります。「寄せ付けない」わけではなく、「駆除する」のでノミやマダニが新たに付く事はありますが、数時間で駆除できますので、効果があるうちは大丈夫です。

毎月使ってて体に影響はないの?
すべて:毛根にある「皮脂腺」という袋に蓄えられ、皮脂と共に毛に放出されるので、体の中に薬が入る事はありません。

他の子が誤って舐めてしまったのですが
まず
心配はいりません。嘔吐や下痢をするようなら獣医さんへ相談してください。

もっと詳しく知りたい方は

Click_o_1 投与日お知らせサービスもありますよ

他にも聞きたいことがある方は、コメントして下さいませ♪

本日もご覧頂き、ありがとうございました(≧∇≦)/

| | コメント (16) | トラックバック (0)

こんばんはぁ~(-^〇^-)

本日もご覧頂き、ありがとうございまぁ~す(^^)/

さてさて、またまたワクチンのお話です。もう飽きました?
でも続けちゃいます。

仔犬や仔猫の接種時期については、以前お話してると思います。(詳しくは3月3日の記事を見てくださいね)
一年毎に打って、免疫力を持続させていくわけなんですが。。。
接種日から一年経つと、全く免疫力がなくなるわけではありません
徐々に下がってくるだけなので、少しくらいは遅くなってもいいと思います。ですが、長くても1ヶ月くらいですかねぇ。

ワクチンを接種する時は必ず体調のいい時にして下さい。注射する事によって免疫系を刺激し、抗体を作りますので、多少の負担はかかります。体調が悪ければ感染症を起こしたり、副作用がひどく出る事もありますので。。。

うちの病院では、最低でも3日以上良好な状態が続いてないと接種しません。少しでも「食べが悪い」とか「便が軟らかい」とかあればまず日をずらしてもらいます。

何かあまり詳しい説明になってない気がするのですが。。。
質問等あれば、「コメント」御願いします。
皆さんの愛犬愛猫を直接診てるわけではないので、はっきりとした回答ができない場合もありますが、答えれる範囲で回答させていただきますので。。。

ではまた次回・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ワクチン続き

昨日の説明で、9種が抜けてました(^^;)すいません(/_;。)

9種・・・8種+犬レプトスピラ(ヘブドマディス)です。

今日は猫のワクチンについてです。

猫のワクチンは1,3,4,5種類のものがあります。

1種類・・・猫白血病
3種類・・・猫ウイルス性鼻気管炎+猫カリシウイルス感染症+猫汎
      (はん)白血球減少症
4種類・・・1種類3種類
5種類・・・4種類+クラミジア感染症

うちの病院では犬は8種、猫は5種をお勧めしています。予防できるものはしてあげましょうという院長の考えで、種類の多いものを使ってます。犬の9種は「あまり資料がないので、いいかどうかわからない。よくわからないものは飼い主さんに勧められないから」という事で使ってません。

猫ちゃんで、すでに白血病に感染している場合3種を打ってますが、クラミジアも予防する為に、飼い主さんの希望によっては5種を打ってます。

完全室内飼育でも空気感染間接的な接触感染もあるので、できればワクチンはした方が良いと思います。

次回はもう少し詳しくワクチンについて書きますね。

今日もご覧頂き、ありがとうございました(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ワクチン

今日はワクチンのお話をしたいと思いまぁす。まずはワンちゃんから。

ワクチンは1~9種類のものがあります。製造元も何社かあります。
どの会社も予防できる病気はほぼ同じです。

まず予防できる病気の名前から説明します。
1種類・・・犬パルボウイルス感染症のみ又は犬レプトスピラ病のみ
2種類・・・犬パルボウイルス感染症+ジステンパー
3種類・・・ジステンパー+犬アデノウイルス(1型、2型)感染症
4種類・・・3種類+犬パルボウイルス感染症
5種類・・・4種類+犬パラインフルエンザ感染症
6種類・・・5種類+犬コロナウイルス感染症
7種類・・・5種類+犬レプトスピラ病(カニコーラ、イクテロヘモラジー)
8種類・・・7種類+犬コロナウイルス感染症

となります。あとは狂犬病の注射です。

昨日も少し書きましたが、うちの病院は狂犬病注射とワクチンの同時接種は「OK」ですが、病院によって様々です。
実際にヒナさんとゆずママさんの病院では「NG]です。あける期間は多少違うようですが。。。
病院によって、種類や製造元の違うワクチンを使用していますので、かかりつけの獣医さんで相談して下さいね。

一度に書くと、自分がわけわからなくなったり、最近忙しくてゆっくり更新できないので、少しづつしか説明できませんが。。。許してくださいね。 

明日は猫ちゃんのワクチンについて書きます。

今日もご覧頂き、ありがとうございました(^^)/     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祝3000人

こんばんは~。いつもご覧頂き、ありがとうございま~す
あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)う(^ー^)ノ

おかげさまで3000人を超えました~  パチパチパチ

嬉しいですね~とっても!!これからもよろしく御願いします(-^〇^-)

今日はわりと暇でした。ちょっと忙しい時で100件くらいの外来があるのですが、今日はその半分もなかったですね~。

この時期、外来の大半は「予防関係」です。ワクチン、狂犬病、フィラリアですね。ワクチンが多い理由はフィラリアの時期に合わせてる方が多いからなのですが。

よく「狂犬病とワクチンの同時接種はよくないの?」と質問されます。
病院によって違いますが、うちの場合は「OK」です。
同時に接種する事によってワンちゃんに負担がかかる事はないです。(なかにはいると思いますが)ただ、注射なので、副作用(アレルギー)がある場合もあります。初回の場合に同時接種すると、どちらの注射で副作用がでたのかわからなくなる為、初回のみ同時接種はしません。どちらの注射でも問題がなければ接種します。

ただアレルギーは蓄積されて、ある一定のラインを超えると発症するので、毎年接種してても突然出る事もあります。その場合は殆どがワクチンででる場合が多いので、ワクチンの種類を減らします。

もちろん気になる方は別々に接種をした方が良いと思いますが。

あと、ワクチンで予防する病気で、病気の名前はわかるけど、どんな病気?」って方も多いと思いますので、次回から少しづつ説明していきたいと思います。

ではまた次回(-^〇^-)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

か、体が。。。

今日、野良猫ちゃんの避妊の手術がありました。お腹の毛を刈っていると、なぜか体がムズムズしてきて。。。かゆ~い!!その猫ちゃんにはノミがいました・・・

皆さんとこのワンちゃんニャンちゃん達はノミの予防はしてますか?意外と曲者なんですよね(T△T) 体中がカユクなり、皮膚炎になる事もあります。お腹に寄生虫を運んでくる事もあります。まだ外は寒くても、室内の温度が13度以上あれば、成長してしまうんですよ。のみが1匹いたらその何十倍ものノミ予備軍がいます。成虫になると2日で卵を産むようになるんです。。。おそろしい繁殖力です。(。>_<。)

飼い主さんに寄生する事はありませんが、咬まれる事はあるんですよねぇ。とってもかゆい!!よっしーはデリケート(←必ず強調して読んでください)なので、咬まれます・・・

最近は暖かい日もあるので、そろそろノミの予防を始めてあげて方がいいかもしれませんね。市販のは、薬剤の量がある程度制限されてるので、効かない場合もあります。予防薬の事はかかりつけの獣医さんで相談してみた方がいいでしょう。

本日もご覧頂いた方々には感謝いたします。明日から(あ、もう今日か)2週間目に突入です。早かったなぁ、この1週間は。。。

それではまた次回(-^〇^-)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今日は体力勝負!!

今日はラブラドール君がビニールを飲み込んでしまったとゆう事で、胃腸が閉塞(つまって)いないかどうか、造影剤を飲んで頂き。。。数分毎にレントゲンの検査をしました。よっしーはドクターのお手伝い。半ば無理矢理仰向けごろ~んとされて(ごめんね。^o^;)抑えるのに必死でした。。。相手は32キロなので。。。よっしーも体力使いました(;^^)

昨日の予告通り、今日はワクチンのお話を。。。犬の場合、うちの病院では生後60日で初めてのワクチン、生後90日以上で2回目のワクチン、その後は一年毎に打ちます。生まれてすぐは「移行抗体」といって母犬の母乳からもらった免疫力が体についているので、早くても生後55日くらいがいいと思います。2回目はワクチンの免疫力を高める為に打ちます。その後1週間程で外にでられるようになります。ワクチンの種類は病院によって様々ですが、うちの病院は8種類の混合ワクチンを打ってます。

猫の場合は生後8週で一回目、その2~3週間後に2回目を打ちます。3種類か5種類の混合ワクチンです。

ワクチンを打っていれば100%病気にならないわけではありません。打っていれば症状も軽いですし、治りも早いですねぇ。何より動物に負担がかかりにくいです。費用もかかると思われがちですが、病気になって治療するより、安いかと。。。

本日もご覧頂きありがとうございます!!昨日までの2日間でなんと!!!!120件ものアクセスが(^!^)y~~~めっちゃ感激です!

これからもよろしくお願いしま~す☆☆☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第二弾

今日は午後からの出勤でした。の~んびりとした半日でした。病気の患畜がいないのは良い事です!!

さて、明日から狂犬病注射の時期になります。なぜこの時期かというと・・・3月2日以降に注射を打った場合、新年度の注射済証がもらえるからなんですね~。登録は一生に一回なのですが、年度毎に鑑札をもらうようになります。

動物病院によって、費用も違いますし、登録、鑑札の交付が一度にできる病院と、注射のみの病院とあります。詳しくはかかりつけの病院で相談してみてください。各地を巡回してる所もありますが、民間の団体で巡回してる所もあります。間違えないように注意してくださいね!

まだ始めたばかりなので、何を書いていいのか・・・これから勉強して、写真などのせていくぞ~とはりきってます。

ではまた明日。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)