職場でのお話

ショックな出来事

海外旅行記はひとまずお休み。。。ってかなりさぼってますが(≧m≦)

最近、かなりショックな出来事がありました。。。

ある午後出勤の日。。。
出勤すると、亡くなった猫ちゃんがいました。名前を聞いても、正直、どんな子だったかわかりませんでしたdown

その子は、ここ4、5年来院してませんでした。でも、同僚は覚えてました。同僚は、その頃勤務1年目で、かなりのインパクトがある猫ちゃんだったそうです。初めてみた強烈な猫ちゃんだったので、忘れられなかったと。。。

その猫ちゃんが最後に来院したのは去勢手術の時。その時、かなり凶暴で私は左手を噛まれたり、ひっかかれて怪我をしました。怪我はひどく、そのまま病院へ直行。
私が病院に行ってる間に飼い主さんが迎えに来られて、その時に院長が噛まれた事を飼い主さんに話したそうです。

次の日、私はたまたまお休み。そして、その時に飼い主さんがお詫びとお見舞いをわざわざ持ってきて下さったそうです。

私はそこまで聞いても全く思い出せませんでしたsweat01

そして、その猫ちゃんが先日来院し、その時はもう自分では立てない程衰弱した状態でした。検査の結果「慢性腎不全」手の施しようが無いほど末期でした。
飼い主さんの結論は「安楽死」。これ以上苦しませるのはかわいそうだと。

以前も書きましたが、うちは安楽死も治療の一環とする事があります。その猫ちゃんの場合もそうです。治療での回復の見込みはなかったのです。。。

私がさらにショックを受けたのはその後の話です。

その猫ちゃんは何ヶ月も前から調子が悪かったそうです。でも、私を噛んでしまったという事が飼い主さんにとって非常に申し訳なく思っていたらしく、なかなか連れて来れなかったと。。。

私が噛まれなければ、飼い主さんももっと早く連れて来て下さったかもしれません。そしたらもう少し長く生きられたかも。。。私は噛まれたことすら忘れてたのにcrying

その子が噛んだのは私の責任。恐怖を取り除いてあげられなかったどころか、恐怖を与えていたかもしれません。

皆さん、もし、皆さんのお家のペットちゃんが、看護師や先生に迷惑かける事は気にしないで下さい。「あの人達は仕事だから。。。」と思ってください。

迷惑かけるから・・・と診察を遠慮する必要は全くありませんので。

人と同じ、早めの発見、早めの治療が回復への近道ですよ♪

長々と読んで頂き、ありがとうございましたヾ(´▽`;)ゝ

| | コメント (42) | トラックバック (6)

悲しいお話ですが。。。

今日は少し悲しいお話です。

今日、シロちゃんというMixの猫ちゃんが亡くなりました。2年程前から慢性腎不全の治療を続けていました。自宅での点滴、投薬、食事療法をしてたのですがdespair16歳でした。

昨日から調子が悪く、入院。貧血だった為輸血、点滴もしてましたweep

以前から入退院を繰り返してたのですが、今回は回復まではいかずcrying

シロちゃんは、お兄ちゃんが拾ってきた猫ちゃんだそうです。そのお兄ちゃんは数年前、18歳の時、病気で亡くなったそうです。シロちゃんは、お兄ちゃんの形見として。。。もちろん、シロちゃん自身も○○家の立派な一員として大切に飼われていました。

あと2年。お兄ちゃんと同じ歳になるまで頑張って欲しいと飼い主さんは言われてのですが、願いは叶いませんでしたdown

でもシロちゃん、シロちゃんはとってもいい家族に巡り合えて幸せだったねnote
今頃お兄ちゃんに会えたかな??また、○○家の一員として生まれ変わって、私にも会いに来てねhappy01

シロちゃん、安らかに・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は年に一度の。。。

毎年この時期に行っているのですが、今日は慰霊祭でした。

病院に来られていたワンちゃん、ニャンちゃんで亡くなった子達にむけて。

今日は約30人の方にお越しいただきました。半数ほどの方が一年ぶりです。中には何年ぶりかの再会という方もおられました。みなさん、私なんかの事を覚えててくださり、声をかけて下さいましたnote慰霊祭なので不謹慎かもしれませんが、こうしてお会いできる事、お話ができるのは嬉しくもあり、楽しみでもあります。

お坊さんのお経の後、あまり時間はありませんでしたが、亡くなった子達の思い出話もできましたup

 
私達は、日々努力はしていますが、力及ばず亡くなってしまう事もあります。
普通なら、病院のせいじゃないとはわかっていても、恨まれても仕方ないと思ってますが、こうして法事にも顔出して下さったり、私達の事を覚えてて下さって、私達の健康の事まで気を使って下さる・・・とても嬉しいです。

もし、退職しても慰霊祭だけはずーっと参加したいと思いますヾ(≧▽≦)ノ

本日もご覧頂き、ありがとうございましたヾ(@°▽°@)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラブちゃん、退院!!

本日もご覧頂き、ありがとうございますshine

まずは嬉しいお話。昨日、ラブちゃんが、無事に・・・とっても元気になって退院しましたhappy02heart04

食欲も旺盛。これで一安心。また明日再診ですdog
やっぱり元気になって退院していくのが一番嬉しいですheart02

今回大活躍のホルンくん、この前うちに来て3年が経ちましたup
あっという間です。。。最近、かなりの知恵がついたみたいで。。。

この前、お仕事した帰り、車の窓の開け方を覚えたようで。。。「まさか?」と思い、危ないのでロックをかけると、窓のスイッチを押しながら「ねぇーさん、さっき開たのに今は開かないよ?壊れたんぢゃないの?」と言わんばかりに私の顔とスイッチを交互にみて。。。ロックを外すと早速開けて外の空気を楽しんでました。やっぱり完全に覚えてしまったのねwobbly
でも顔出して車の乗ってると危ないからやめようね┐(´д`)┌

悪い事はすぐに覚えてしますんです。
最近、寒いので日中は外にいるホルン君は、夜帰りが遅い私に代わって、夕方には父に家に入れてもらってます。
ですが、全く言うことを聞かないそうです。勝手に引き戸を開けて入ったり、呼んでも外を走り回ったり。。。父には怒られない事を知ってるんです。父がホルンの食事を用意し終えると察知して、急に言うことを聞くそうです。

なんと言うか。。。全く困った子です。私の言う事は殆ど聞いてくれるんですけどねぇ。父は完全に馬鹿にされてるようですsad

最近、全く遊びに連れて行ってないので、また何処かに行きたいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホルンの初仕事^^

本日もご覧頂き、まことにありがとうございます(◎´∀`)ノ

実は昨日、ホルンが初めてお仕事したんですwobbly

今入院しているラブちゃん、かなりの貧血なんです。しかもホルンと同じ血液型。
そこで、ホルンの出番となりました。

最初はお出かけと思って、とっても喜んでいたホーちゃんでしたが、病院に着くといっきにテンション下がってdown

帰りの車ではこんな感じでした。

Cid_01091022_213701_____f906idoco_4 ねーさん、ボク、かなりつかれましたゎ

でもね、ホーちゃん、ホーちゃんのおかげでラブちゃんとっても元気になったんだよheart04昨日まで全く食べなかったのに、今日は食欲も出て、今日は完食だったup
明日には点滴もとれて、今週中には帰れそうだよshine

ホルン、本当にお疲れ様でしたheart02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いよいよ来週♪

来週は、待ちに待ったsign03オフ会heart02

今から楽しみで楽しみでlovely

ぴっちゃん、幹事お疲れ様ですheart04人数もワンコちゃん達も多く、大変とは思いますが、よろしく御願いしますhappy01

さてさて、今回は病院でのお話です。

ちょうど一年程前の事です。あるMixのハナちゃんが来院しました。食欲元気が無いとの事weep
レントゲン、血液検査の結果、「子宮蓄膿症」でした。即入院、手術となりました。

3日程の入院でハナちゃんは元気になり、退院する事になりました。

そして退院の日。お母さんが先生に「御願いがある」と。
入院費を分割にして欲しいとの事でした。理由は「長男が拾ってきて飼ってるので、長男が払う」と。
当時、高校を卒業したばかりで、社会人一年生だったお兄ちゃんですが、「頑張って払いたいけど、一度には無理なので」と。

うちは特に、必ず即金で!! という決まりはないので、OKしました。

それから毎月、キチンとお兄ちゃんは支払いに来ました。しかも「これ、ハナの気持ちです」と、お菓子やらケーキやら手土産つきで。

お礼を言うと、「ハナを助けてくれた事に比べたらホントはこれくらいではすまないのに、こんな事しかできなくて。。。」とか、「お礼ならハナに言って下さい」とか。謙虚で可愛い(変な意味じゃないですよcoldsweats02)ところもある、お兄ちゃんでした。

そして、先日、全額払い終わりましたhappy02
おにいちゃん、毎月お疲れ様でしたnote

私は、正直、「今時の子」って大丈夫かな??払ってくれるのかな??と思ってました。

そんな自分がものすごく恥ずかしいです。お兄ちゃん、ごめんなさい・・・

大人でもきちんと出来ない人がいるのに(私もその一人なんですがcrying)ハナちゃんのお兄ちゃんにはホントに感心しました。私自身も反省する部分もありましたしwobbly良い所はどんどん、見習っていこう!!

この所、仕事も忙しく、(この記事も何日もかけて書いてましたshock)皆さんのところになかなか遊びに行けませんが、忘れないでくださいねnote

それではまた次回。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

嬉しい心変わり

先週の水曜日、ミックス君が来院しました。その子は高齢の為足腰が弱くなり、あまり歩けず、床ずれもひどく、皮膚病もひどい状態でした。飼い主さんは「臭いもきついし世話ができないので安楽死をして欲しい」と。院長の答えは「NO」でした。「悪いけどわしは獣医だから人間さんの都合ではできません。今日はうちで綺麗にしてやり方を説明するから、とりあえず1週間だけでも家で治療してみて。もしそれでダメならその時に考えよう」と言い、薬液での洗浄、薬の塗り方を説明し、1週間分の飲み薬を処方してその日は帰られました。

私は「たぶんもう来られないかなぁ。よその病院で安楽死をするかもしれないし、あのままほっとかれるかもしれない。きっと飼い主さんは治療しないよなぁ」と思ってました。

私の思いは嬉しい方向に裏切られ、1週間後の今日、飼い主さんの献身的な治療のかいあって、ミックス君は以前より綺麗になり、臭いも減ってました。飼い主さんは「このまま治療を続けます」と仰いました。

良かったぁ♪私の心に点いていた怒りの炎が鎮火いたしました(-^〇^-)
飼い主さんが「あの子も元気になったし、お父さん(旦那さん)も大好きなゴルフを止め、あの子の世話の為に帰宅も早くて休みの日も家にいてくれるようになりました。」と笑顔で帰られました。

私はその話を聞いて思わず拍手をしました。ミックス君、よかったね(≧∇≦)/ と同時に、飼い主さん、疑ってごめんなさい。と心の中で謝りました。

もう飼い主さんの頭には「安楽死」の文字は全く無いようです。ホントに良かった(ノ*゜▽゜*)

本日もご覧頂き、ありがとうございます
°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°

| | コメント (18) | トラックバック (0)

仕方は無いけど。。。

昨日、今日、連日安楽死がありました。

今日の子はまだ3歳だったのに(TT0TT)

理由は、2頭とも同じです。場所は違いますが、悪性の腫瘍ができて。。。飼い主さんも決断に時間はかかったようですが、これ以上苦しませたくないということでした。

以前も書いたと思いますが、「安楽死」って難しいですよね。
でも、うちの病院は、「治療」としてみてる部分もあります。

延命処置をして、苦しんで。。。という姿を目の当たりにした事も何度もありますので、「楽にしてあげたい」という気持ちもわかります。
その子にとって、最善の方法になる時もあるのです。

ホントはそんな決断をさせたくないとは思うのですが、勝てない病気もあるし。。。

でも、飼い主さんの判断が、その子にとっては一番いい方法になるんですよね?たとえその決断が安楽死でも。。。

自宅療養にして「介護したくない」とか「飼わなければ良かった」とかは絶対思って欲しくないです。
お互い辛い思いをして別れるより、飼い主さんの腕の中で楽になる方がいいですよね。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ありがとうございました(≧∇≦)/

皆さん、ご心配おかけして申し訳ありません(T-T)

沢山の方からお見舞いコメント頂いて、すっかり元気になりました
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
とても、嬉しかったです。ホントにありがとうございます(ノ*゜▽゜*)

今日、残りの血液検査の結果を聞きに行きました。すると先生が、
先生:「○○さん。。。残念な結果が出てます。。。」
 私: 「え??」
先生:「残念ながらすべて正常値、悪いとこないですね~。」
悪乗りした私は
 私:「そんなぁ~。困ります、先生。助けてください。」
先生:「困りましたねぇ。。。健康そのものですゎ。。。」
 私:「ホントに困るんです。仕事も休まなきゃならないし。。。」

この後もしばらくお笑い合戦は続き。。。その間、ずっとしたを向いてなにかを書いていた先生。突然顔を上げ、「はい」と渡された検査結果。そこには一つ一つの検査結果に丁寧に説明が書いてありました。

私はこの病院が気に入りました。気に入ったと言うとちょっとおかしいかもしれないですが。。。
冗談を言ってくれると、何となくリラックスしたし、丁寧に書いてくださっていたので、よく理解できました。こんな事はぜひ、真似しなきゃ・:*ゞ(∇≦* )ヴァヒャヒャヒャ

専門用語を並べて説明されてもわからないですよねぇ。
時々、「動物とはいえ、医療関係なんだから説明しなくてもわかるよね?」とか言う先生もいるんですよ(*'へ'*) ぷんぷん

次何かあった時もこの病院にしよ♪看護師さんも優しかったし(-^〇^-)

体の調子も随分良くなりました(≧∇≦)/ 痛みもなく、かなり調子いいです。

でも無理は禁物なので、今日はこの辺りで。。。

本日もご覧頂き、ありがとうございました(*'‐')

| | コメント (24) | トラックバック (0)

看護師になったわけ

こんばんは(^^)

今日は、私が看護師になったわけを話そうと思います。

小さい時は看護婦さんになるのが夢でした。今でこそ考えられませんが、病弱で、癲癇(てんかん)もちでした。なので、病院には頻繁にお世話になり。。。看護婦さんになりたいと思った事もあります。

中学生になった頃から少しずつ変わり、犬に関係する仕事に就きたと思うようになり、訓練士になりたいと思い始めました。(テレビで盲導犬や聴導犬の訓練を見たのがきっかけです)
そして、高校を卒業と同時に住み込みで働きました。最初は訓練されている犬を持たせてもらいます。それが、ジャーマンシェパードの「ルーシー」との出会いでした

私は常にルーシーと共に行動し寝るのも一緒でした。初めて触る事を許された犬。私はとても可愛がりました。訓練士として成長しても、変わらずルーシーとずっと一緒でした。

2年程その訓練所で頑張っていたのですが、犬を商品としか見ないお客さんや、犬を大事にしない一部の先輩達に嫌気がさしてきていました。でもルーシーと離れる事のほうが嫌だったので我慢してました。

そんな時、ルーシーが病気で倒れてしまいました。(当時、病気の事など全く知らなかったし、病名とかも知らされなかったので今だになんの病気だったのかわかりませんが。。。)
私が会いに行くと無理して起き上がり、起き上がっては倒れので、面会禁止となり、私は傍にいてあげる事すらできませんでした。そのままルーシーは亡くなりました。看取る事もできず(TT0TT)
私は何もしてあげられず、どうして亡くなったかさえ解らない。。。

そんな出来事もあり、何もしてあげられなかった悔しさと、ルーシーのように苦しんでる動物に、少しでも役に立ちたいと思うようになり、訓練所を辞め、今の仕事に就きました。

何か話がそれてるところも一部、あるようですが。。。(*'ノェ')コッソリ

今は本当にこの仕事で良かったなぁと思います。これからも頑張るぞ~♪

本日もご覧頂き、ありがとうございます
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧